2020年1月25日土曜日

グラブル - 古戦場Lv100、Lv150 Hell解放

Lv100はかなりの強敵

苦悶の蟹戦

フルオートは剣編成で可能だったものの楽勝ではない。所要ターン25でタイムは8分弱なので前回の闇古戦場アドラメレク戦とほぼ同等。今回の蟹は打撃が痛く防御も固く、終盤になると1、2人落ちていることがある。サブ枠にも1人は実用的なキャラクターを詰めておいた方が安定する。

蟹は特殊行動でターン制の防御バフと弱体耐性アップを同時に行ってくる。このためフルオートのディスペルではせいぜい弱体耐性を剥がせるだけで防御バフまでは届かない。防御バフを剥がすことを考えるよりも防御デバフを過剰にかけて相殺した方が手っ取り早い。ジャンヌ(リミテッド)のターン制デバフがそういう場面では輝く。

剣豪は…

剣豪編成とベルセルク編成の違いは3点。1つはサティフィケイト奥義による防御バフの有無。もう1つは攻刃の有無。そして最後はノアの有無。ノアを入れると回復&バリアのルシオか攻撃デバフのシャルロッテ、エンジン役のジャンヌの誰かが消えるので、主に防御面が不安定化する。終盤は全滅寸前になり、シスを彷彿とさせる無敵のシャルロッテ団長が1人で蟹を捌く残念な構図が見れる。

Lv150のフルオートは…

上記のヘルセルク編成では25%の特殊行動で全体10000ダメージを受け壊滅してしまう。蘇生薬込みでなら討伐も可能だが…。何パターンか試してみたものの弱体耐性アップによりミストが弾かれ、攻デバフ不足で被ダメがかさんでしまうようだ。

試行錯誤の結果

対策として、フロントにノアを入れディスペルの枚数を増やすと共に弱体耐性ダウンのデバフを掛ける。また中盤以降の渾身維持が厳しいのでヘクトル弓をスレイプニルシューに入れ替える。そしてサブにジャンヌ(リミテッド)を入れて終盤のデバフ役を任せる。これによりLv150 Hellもフルオートで討伐が可能になった。

育成用にサブにマキラを入れているのも理由ではあるが、討伐タイムが前回の闇古戦場アドラメレクLv150と比べて1分半ほど遅い。妥協してサブ2まで戦力を連れて行った方が良いかもしれない。

倒せてはいるがLv100 Hellが8分なのに対してLv150 Hellが11分半と、所要時間が1.5倍に増加している。時間辺りの貢献度はLv100の方が上回ってしまう。肉効率は良いのだが…。

0 件のコメント:

コメントを投稿